管理組合コンサルティング

マンションの資産価値を高めるコンサルティング

分譲マンションで最も重要なもの

分譲マンションの管理組合の活動において最も重要なものは、管理組合員同士のコミュニケーションです。このコミュニケーションが欠けていると、決議要件が厳しい大規模修繕工事の決議や将来検討する建替え決議に大きな影響を与えます。そのため、弊社では、組合員間のコミュニケーションの形成を図るため、顧問先の管理組合に日常で役立つセミナーの開催や趣味や特技を見つける体験教室などを開催します。また、マンション間同士の交流や情報交換の場を設けるためのイベントも実施致します。

セミナーや体験教室の提案事例
  • 認知症の正しい知識を知るセミナー
  • 資産形成に関するセミナー
  • 副業などに関するセミナー
  • 書道
  • アクセサリー作り
  • ハーバリウム など

分譲マンションで深刻な問題

分譲マンションでは、役員の担い手不足や組合員の高齢化などの問題をはじめそのマンションの管理組合だけでは解決できない問題や地域と一体となって考えていかなければならない問題があります。そのため、マンション管理士などの専門家の必要性が高まっています。

弊社では、問題を解決するため管理組合の原状と要望に合わせて以下の業務を行います。

● アドバイザー契約
管理組合の運営、大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、その他マンションの維持・管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者などの相談に応じ、理事会や総会に出席して適切な助言や指導、援助等を行います

● 顧問契約
アドバイザー契約の内容にプラスして理事会・総会書類の作成や補助、資産価値を高める提案などを行い管理組合をサポートします。
また、業務を行うなかで、規約の改正の提案も致します。

● 第三者管理

管理組合の中には役員の担い手不足や高齢化に伴い分譲マンションの管理不全が深刻な問題となっている管理組合がいます。
その対策として、マンション管理士などの専門家が外部役員として管理組合の運営をサポートする「役員(理事・監事)就任型」と理事会自体の管理運営を専門家が行う「理事会代行型」があります。この専門家が管理組合の運営に直接携わる形を合わせて【第三者管理】と呼びます。
弊社では、この第三者管理もお受けしますが、基本は顧問契約から入らしていただき、管理組合と信頼関係が構築できたら管理組合の状況を見たうえで、第三者管理を提案致します。

【役員就任型】

メリット
・組合員の負担の軽減
・引続き議題に対応できる
・管理運営が円滑になる

デメリット
・専門家への報酬が発生する
・専門家の業務に厳重に監視が必要


【理事会代行型】

メリット
・役員の負担がほとんどない
・管理運営が円滑になる

デメリット
・役員就任型より費用が高め
・管理組合の監視がとても厳重に必要

● スポット契約
継続的なアドバイザー契約や顧問契約とは異なり、管理組合からの依頼に基づき管理規約の全面改正や大規模修繕工事の業者選定から施工完了までのサポート、管理会社の変更などをサポートします。

資産価値を高める提案と地域と密着した街づくりの提案

マンション管理のコンサルティングを専門にしている会社は少ないことをご存知ですか?
弊社の代表は、マンション管理士では数少ない分譲マンションの管理会社のフロントマン経験者です。その経験と知識をもとに単に管理組合に助言や指導、援助等だけではなくマンションの資産価値を高める提案をはじめマンションを含めた街づくりの形成を目指しています。

提案事例
  • 電気自動車の充電スタンドの設置
  • 宅配ボックスの設置
  • エレベーターがない団地の高層と低層の区分所有の交換
  • 管理組合の収益化の提案

マンション管理士の中には管理会社等の実務経験のないものやマンションの管理運営について詳しくない者もいらっしゃいます。また、管理会社の中には、管理組合の管理費や修繕積立金を無駄に使用して管理状況を悪くしている管理会社もいます。そのため、次のチェック項目に当てはまるものが一つでもあれば、弊社までご相談ください。

こんなお悩みはありませんか?
  • 管理組合の役員がいない
  • 修繕積立金が不足している
  • 管理費・修繕積立金の滞納が100万円以上ある
  • 管理会社から提案がない
  • フロントマンが頼りない
  • マンションの資産価値をあげたい
  • 管理規約が古いまま
  • いまのマンション管理士に不安を感じる


トップ分譲マンション管理組合コンサルティング大規模修繕工事コンサルティング賃貸オーナーコンサルティング賃貸管理入退去サポート業務防災対策・防火管理固定費削減お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました