【愛知県のマンション建て替え数は?】

マンションは大規模修繕を定期的に行えば、建物は長く持ちます。
もっとも旧耐震の基準で建築されたマンションは耐震工事を合わせて行うか耐震工事でけでも行うことをおススメ致します。しかし、大規模修繕工事を重ねてもどこかで建物の寿命は来るものです。
マンションの場合は建替えになります。ご存知ない方もいるかもしれませんが、マンションを建て替える場合、取り壊し費用などは管理組合で負担することになります。
次に、マンションを購入したときの資料の中に長期修繕計画書というものがあります。
もし、手元になければ管理会社または役員の方にお尋ねください。
この長期修繕計画書の内容はマンションの修繕計画です。給排水管は何年に更新工事をするとか大規模修繕は何年にするのかが計画されています。無論、計画なので管理組合の方々で検討し総会の承認で実施時期を変更することが出来ます。
この長期修繕計画書ですが、5年毎に見直すことが必要とされています。この長期修繕計画書は、30年で作成されており積立金の推移や設備等の工事時期が記載されていますが、建替えという項目はありません。確かに新築購入時に建て替え時期が記載されているとドキッとしますよね😲ですが、5年毎に見直すので、どこかのタイミングで建替えも視野に入れるべきだと個人的には考えます。なぜなら、建替えを検討することで修繕積立金をどのように積み立てたら良いか、そしてどの時期で大規模修繕工事を止めて、建替えの費用にあてるか管理組合で検討することができるからです。管理費や修繕積立金の値上げは管理組合員にとっては避けたは通れないもので、組合員の方々は自分が役員の時には検討したくないと感じていると思います。ですが、誰かの時に検討しなければ将来修繕工事の金額が不足してしまうことが考えられます。
東京都も建替え促進の件が議会で検討されていますが、なぜ建替えに注目が集まるかと言いますと、築40年のマンションが今後増えてくるからです。当然耐震工事をしていなければ災害時に倒壊または半壊の被害にあうことが懸念されるからです。ただ、建替えといってもメリットとデメリットがあるので、そのことは別の機会で触れたいと思いますが、今回は建替え費用も管理組合が負担しなければならないことを忘れないでください。

最後に、愛知県のマンション建替え事例ですが、まだ2棟しかありません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました