【修繕積立金の運用をなぜ提案するのか?】

マンション管理

【修繕積立金の運用をなぜ提案するのか?】

当社では、顧問契約をしていただいた管理組合には、修繕積立金の運用を提案させていただきます。

なぜ、修繕積立金の運用?

組合員のなかにはリスクがあるから運用はどうなのかという意見があります。

私も管理会社にいたときは、修繕積立金をリスクにさらすのはよくないと思っていました。

しかし、分譲マンションの9割が修繕積立金が不足していると言われるなかで、実際、積立金が不足する場合は、値上げをするか特別徴収しか方法が思い浮かばないのが現状です。

また、すまいる債という分譲マンションの積立て運用するものがありますが、募集口が決まっていたり条件があったりですべての管理組合が受けれるわけではありません。

これらのことから、修繕積立金を改定していくことになるのですが、組合員には値上げされると家計が圧迫される方もおり、生活に支障をきたす方も出てきます。

その状況のなかで、修繕積立金を運用することで、積立金の改定金額を予定より遅らせることができ、また、積立金を増やすこともできます。

ただ、投資である以上リスクはあります。

以上のことから、修繕積立金の不足する問題を解決する1手段として運用を提案するのです。

一度、当社の修繕積立金の運用のお話を聞いてください。

よろしくお願い致します。

SNSやっていますので、のぞいてみて下さい。

いいね👍やフォローもよろしくお願いします🙇‍♂️

Facebook

➡  https://www.facebook.com/toyota.mankan/

Twitter

➡️ https://mobile.twitter.com/mankan_Masa31

インスタ

➡️ https://www.instagram.com/masamitsu_miyake/

アメブロ

➡ https://ameblo.jp/toyotamankan/

コメント

タイトルとURLをコピーしました