【マンション管理組合と管理会社の理想の関係とは?】

マンション管理

マンションの管理組合と管理会社の良い関係とはどのようなものでしょうか?
本来ならウィンウィンが望ましいところですが、実際は管理組合が上に立つ関係になっているか管理会社にすべて任せているかになっていると思います。

お住まいのマンションはどちらでしょうか?

マンション管理組合は、マンションを購入すれば組合員に必然的になってしまうので、マンションの運営を考えるのは大変だと思うのは当たり前だし、何より役員なんてやりたくないと思う方は大勢います。だからこそ、プロの管理会社に任せておけば安心だという考えにたどり着きます。
ただ、管理会社にすべて任せてしまうとどのようなことが起こるかと言いますと…
起こること
①定期の修繕工事などで、相見積もりがない。
(理由)住民から意見等がないので、言値で工事が出来るので、相見積もりをしません。本来は、相見積もりをして工事金額を抑えます。

②居住者への説明が雑(理由)住民から信頼を得ているので、管理会社を変えられる危機感がないので、居住への対応が雑になったり、フロントマンや管理員の態度が横柄になることがあります。本来なら、管理会社はサービス業になるので、居住者はお客様なので対応は親切・丁寧が基本です。 

③無駄な工事が多い(理由)住民から説明を求めたり意見が出ないので、管理会社がいろいろ提案して管理会社の売り上げになるような提案ばかりしてきます。本来は管理組合ファーストです。
が考えられます。

このように管理会社中心に進んでしまうと、将来実施する大規模修繕工事の金額が不足してしまうことが懸念されます。なので、管理組合の方々に注意していただきたいのは、管理会社にプレッシャーを与え、管理会社の動向をチェックすることが、管理会社からマンションや管理組合を守ることになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました