『知って得する賃貸・退去あるある40 ~オーナーにも優しいアパートを…~』

マンション管理

『知って得する賃貸・退去あるある40 ~オーナーにも優しいアパートを…~』

賃貸マンションの経営を検討されているオーナーさんもいらっしゃると思いますが、退去時に敷金を返金する場合が多いので、修繕になるべく費用がかからないようにすることも選択肢のひとつです。

一般に、大手の賃貸住宅が作る物件のクロスなどは、3年から5年でデザインが変更されるものを使用していることがおおいので、入居者が長年住んでいれば、退去時の原状回復工事に同じクロスがないなんてことがあります。
また、フローリングなどの床材は、キズがついたらその部分を交換することになりますが、同色がないこともあり、その結果修繕で対応することもあります。

ここで問題なのが、原状回復工事ではオーナーも費用を負担しなければならないこともあるということです。
賃貸マンションやアパートでは、人の出入りが必ずあるので、その度に修繕していたらオーナーの費用負担は大変なことになります。

いまは、クロスでも洗浄できるものやキズが付きにくいフローリングの加工技術などもあるので、オーナーの費用負担が少ない部材もあります。
もし、賃貸マンションやアパートの検討をしている方は、クロスや床材をどのようなものを使用するかも確認することが重要です。
当然、クロスや床材を洗浄できるものやキズが付きにくい加工をすることは、建築費で金額が割増しますが、長期的に見た場合はかなりお得になります。
上記を踏まえて賃貸マンションやアパートの会社を選択することも、賢いオーナーのひとつとも言えます。

マンション
賃貸アパート

コメント

タイトルとURLをコピーしました