【デべロッパーの管理会社の良いところとは‥‥】

マンション管理

前回の記事で、デベロッパー系の管理会社と独立系管理会社について記事を書きました。
今回は、デベロッパー系の管理会社について書きます。
デベロッパー系の管理会社とは、建設した施行会社のグループ会社が管理を行うことを指します。まずはじめに、マンションの状態を把握することができることです。把握することでマンションの不具合に直ちに対応でき、設備等の改修も適応な時期に行うことができます。

次に、修繕履歴など施工時から管理できることです。一見当たり前のことですが、マンションの中にはこの修繕履歴が保存されていないマンションもあるからです。修繕履歴が残されていない場合とは、施工時から自主管理マンションや途中で管理会社を変更した場合などの原因が考えられます。

次に、フロントマンの負担が比較的少ないことです。独立系の管理会社と異なり、親会社またはグループ会社が建設したマンションを管理するので、フロントマンの棟数負担が少ないです。少ないということは、マンションに対していろいろな提案などができます。別の記事で書きますが、独立系の管理会社だとフロントマンの棟数負担は大きいです。

次にブランド力です。マンションを購入するうえで、このブランドだから購入したという方もお見えになると思います。このブランド力は、独立系の管理会社にはないことです。つまり、例を挙げるとライオンズマンションの管理は大京というイメージがあるので、管理会社を変更することでそのブランドはなくなってしまいます。

以上から、デベロッパー系の管理会社は、フロントマンの棟数負担が少なく、施行会社と連携できるので即座に対応できる利点があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました