賃貸オーナーコンサルティング

賃貸経営の収益を改善するサポート

賃貸経営には、分譲マンションの一室を所有して賃貸にする場合と一棟の建物を所有して賃貸にする場合があります。
それぞれ特徴があり賃貸に出す
場合にメリットとデメリットがあります。

分譲マンションの一室を賃貸

一棟の建物を賃貸

メリット
  • 物件が比較的購入しやすい
  • 構造がしっかりしていて耐震性や防音性が高い場合が多い
  • 防犯性に優れているものが多い
  • 管理人がいる場合がある
  • 間取りのバリエーションが多い
  • 部屋が広い
デメリット
  • 管理費等の毎月の負担額が発生する。
  • たいていの事は多数決で決まる。
  • 管理が行き届いていない場合がある。
  • 定期借家が多い。
  • 家賃収入のリスクがある。
メリット
  • 分譲マンションより利回りが良い
  • 収入金額が大きい
  • 資産価値が高い
  • 運営の自由度が高い
  • 家賃収入のリスクが低い
デメリット
  • 購入資金がかかる
  • 失敗したときのリスクが大きい
  • 買い手が見つかりにくい
  • 維持管理費費用が多額
  • 手間が多い

このように、不動産賃貸経営にはメリット、デメリットがあるので、それを知ることが最も重要です。そのため、賃貸オーナーの多くが管理会社に任せています。
その一方で、管理会社に任せるということは管理委託のコストがかかっているので、そのコストを削減できるかが課題となります。また、管理会社の提案をそのまま鵜呑みにしオーナーの負担がより増加傾向になっています。

弊社ではオーナーの負担を少しでも軽くするため、コンサルティングすることで建物の修繕計画書の作成や健全な資金管理を行い、管理会社の管理が適正か判断し、賃貸経営の収益を増加させるサポートします。
また、今後の社会情勢を見越した提案をさせて頂きます。

こんなお悩みはありませんか?
  • 管理会社から提案がない
  • 家賃の減額の提案が多い
  • 管理会社に不信感がある
  • いろいろな提案を受けたい
  • 収益をあげたい
  • 資産価値を高めたい

一つでも当てはまるものがありましたら、弊社までご連絡ください。



トップ分譲マンション管理組合コンサルティング大規模修繕工事コンサルティング賃貸オーナーコンサルティング賃貸管理入退去サポート業務防災対策・防火管理固定費削減お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました