『分譲マンションあるある 【マンション管理士への思い】』

マンション管理

こんにちは

マン管マー坊です。

自身がマンション管理士になって独立したのは、管理組合へ少しでもお役に立つ提案をしたいという目的があったからです。

管理会社にいてもできるのでは?という意見もあることでしょう。

実際、管理会社に勤めていたので、担当棟の数を考えると提案をすることは難しいことだとわかりました。

会社を出ていろいろな情報を取りにいって、管理組合に提案できるものを見つけることができました。このことは、管理会社に勤務していたときには考えられないことです。

管理会社にいるかぎり、管理会社が提携している商品しか案内又は提案ができない面があります。

管理組合にとってマンション管理士を顧問又はアドバイザーとして起用することは費用が掛かるので敬遠される方がいらっしゃいますが、マンション管理士が入ることで、管理会社とお互い、よい均衡を保つことができます。

当社は、管理組合への提案に関しては、他のマンション管理士と比較して負けない自負があります。よりよいマンションの状態を維持する上で、専門家を考えている方は、一度当社までご連絡いただきたいと思います。

よろしくお願い致します。

感謝

コメント

タイトルとURLをコピーしました