『知って学ぶ分譲マンションあるある 【管理組合にできることは…】』

マンション管理

『知って学ぶ分譲マンションあるある』

【管理組合にできることは…】

こんにちは。

マン管マー坊です。

管理費等の滞納(※相続の場合は必ずしも解決できるとは言えません。)や修繕積立金の不足などの問題は管理組合で解決することができる問題ですが、社会問題となっている超高齢化や孤独死は残念ながら管理組合だけでは解決できない問題です。

それは、専有部分で起きているからです。

・組合員が認知症になり、共用部分を徘徊したり排尿したりした場合、管理組合で何ができるか?

また、孤独死が発生した場合に管理組合は何ができるか?

ということです。

管理組合でできることは、家族に連絡することや警察立ち会いのもと確認するとかぐらいしかありません。
その後の後始末は組合員の家族が行うことになります。

ただ、管理組合として連絡するだけではなく、単身者への声かけや地域の高齢者施設などに相談することはできます。
つまり、ネットワークさえ構築してあれば防げなくても早期対応はできます。

このようにマンションに関する問題は、管理組合だけで解決できるものとできないものがあることを知ってほしいです。

理事会

分譲、賃貸の様々な問題に関するご相談は豊田マンション管理事務所㈱までご連絡ください。

ホームページはこちら
➡️https://toyota-mankan.com/

SNSもやっていますので、いいね👍やフォローもよろしくお願いします🙇‍♂️

Twitter
➡️https://mobile.twitter.com/mankan_Masa31

インスタ
➡️https://www.instagram.com/masamitsu_miyake/

コメント

タイトルとURLをコピーしました