『知って学ぶ、分譲マンションあるある~高齢者への対策~』

マンション管理

分譲マンションの問題のひとつとして、組合員の高齢化があります。

高齢化の問題として、
①認知症
②孤独死
③管理組合の機能不全

などがあげられます。

分譲マンションの場合、これらの問題を検討、対策しなければなりません。

①認知症
日中、深夜の徘徊がある場合にマンションからでないようにする対策。

②孤独死
管理人による住民の存否確認及び相続人または家族の確認をするため、居住者名簿を作成。

③管理組合の機能不全
理事会出席者及び役員候補不在となり、理事会で決めなければならないことが決められず、建物自体の劣化に繋がってしまうため、外部役員または第三者管理の取り入れ。

などの対策があげられます。

もし、お住まいのマンションが、上記にあたる場合は、ご連絡くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました